嫁 浮気

嫁の浮気相手に合法的制裁

嫁の浮気相手である上司と修羅場になるより法的制裁で復讐。結婚の契約をした相手が不倫を行ったとき、男へ請求可能な補償金額の平均価格は二百万円ですが、代言人を雇えば五百万円〜10,000,000円の慰謝料を獲得できることもあり得ます。

 

姦通相手の収入状況や、代言人の対話力に応じて値段に差異はありますが、妻と密通したのに200万円前後過小評価だと思ってしまう方は多くおられると思います。

 

不義へ賠償金要償 では、明確な裏付けが必要不可欠なので、弁護人自身が探偵会社をマネージメントしている組織もあり、そこの場合は高い価格の慰謝料催促を行った業績が数多いです。

 

合法な方術にて高い慰謝料請求をして、密通相手に対してリベンジしたい方はこちらへ。

 

上さんの浮気が気になる時の処理方法。

 

ワイフの姦通が認識した後はなんともショックですよね。

 

嫁の浮気の兆候とトラブル事例

 

ワイフの行動が表立って冷白になってきて、結婚の掛かり合いが低下してきたと痛感してきたら、間断なく携帯を操作するようになってしまって、整理整頓や子どもの面倒を見ることを大抵することがなくなって、家を空けて外出することが多数になった時。

 

アベックの愛を深める行為が拒否されるようになり、トークができなくなった。

 

私との夜の営みは完全に無くなったのに、官能的なブラジャーがいっぱいになってきて、情欲をそそる香料をつけてオシャレな格好で、深夜まで知友と外出することがいっぱいになってきたとき。

 

ハズバンドにとっては、確実に姦通をしているとしか見えないのだけれど、明確な証拠が無しに質疑しても言い逃れされる。

 

だけれど、この状況のまま素知らぬふりしていると自分が落ち込んでしまう。

 

さらに、息子や娘にとってもよろしくない影響。

 

嫁の浮気に制裁するには有力な証拠確保

 

奥さんの情事が疑わしい際は、確かなエビデンス持つ。

 

確かな確たる証拠キャッチするまでは、姦通を察知していることを他言しない方がいい。

 

ママが密会をしているのかもしれないと不審に感じたとき、大抵はワイフが使っている電話を調査して、姦夫と不謹慎なメールのやり取りをしているかどうか、泊る時間表がメモされていないか検査しますよね。

 

さらには、家内が所有しているバックにGPSを付けたりして、振る舞いをモニターするようなこともすると思います。

 

だけれど、それだけでは法的に確かな不義のエビデンスと判断されないということを認識しているでしょうか?。

 

亭主としては、奥さんが間男と軽率な会話をして、抱かれたいとか語り合っていたら、そういったタイプの事は密通ですよね?。

 

しかも、家内の浮気がいぶかしいためにGPSで振る舞いを監視しているその時間に所在地がラブホテルで停止していたら、腹ただしくなってしまいますよね。

 

しかしながら、法律的には「不貞行為」をしていなければ、不貞だと評価されません。

 

姦夫と上さんが性愛していて初めて、法的な見方から不倫と判断されます。

 

逆に、妻が間男と性交渉をしていないなら、姦通だと決めつけて怒って詰問すると、当方の方が悪くなってしまいかねない。

 

嫁の浮気に対する制裁で失敗した体験談

 

確たる証拠が手薄な状況で、奥さんの不義を問いただしてやり損じた出来事伝達。

 

音声録音機へ採録した間男と妻のあえぎ声。

 

嫁はんの状態が変わり、ボイスレコーダーをバックに忍び入れたりしておきました。

 

数日後に聴いてみると、他の男と性愛しているとしか思えない卑猥な行為をしている声が聞こえてきました。

 

こういったことは断固たる明確な証拠だと決めつけてママに問いただしたら、密通を認めました。

 

されど、いざ間男へ慰謝料の請求をしようとしたら、俄然意見を曲げたのです。

 

モーテルへは一人で行き、誰かと二人ではないと。

 

そんなのは受け入れらないと感じましたが、弁護士に教えてもらってみても、何てたって一緒に寝泊まりしている現場を写真撮影などドキュメントに保存しておかないと、賠償面で確然たる不貞の裏付けと判断されないとの回答。

 

嫁の浮気相手への制裁の注意点

 

妻が車の後部座席で間男とキッスしていたにも関わらず・・・。

 

嫁はんが家に戻る時間が深夜零時を過ぎたので、勤務場所に赴いてみたところ、やはり閉店していました。

 

駐車エリアに嫁はんの軽ワゴン車があり、あろうことか間男とキスをしているのです。

 

それを見て気絶しそうになってしまいました。

 

憤りのあまり、扉を開けて声を張り上げてどなりつけ、他の男のIDを取り上げ、慰謝料接収をやりました。

 

しかしながら、しばらくして男の弁護士から書面が寄こされ、あなたがした言動は脅迫罪になるので、サツに被害届を申し立てると知らされました。

 

さらに、車の助手席でキッスしたという事実だけだと不貞行為にならないので、不倫の慰謝料を支弁する必要は無いというのです。

 

私ははなはだ昏迷してしまいました。

 

上さんが奸夫とディープキスしているにもかかわらず、それが不貞行為に相当しないなんてバカ言うなと憤りました。

 

最終的な結果としては、示談ということになりましたが、自分としては遺憾な心境です。

 

もしもワイフの浮気が露顕しても、自分で報復は止めましょう。

 

その理由は、自らで制裁を課すと、自分自身の立場が悪化してしまうからです。

 

相手に過失があるからと言って、ママを激しい声でどなりつけてしまった時には、DVと見なされて離婚裁判に持ち込まれた時などに尋常ではなく不利になります。

 

強烈な調子で責められたので精神障害になってしまったと診断書を病院で医師に書かれて、ワイフが法廷に手渡してしまいかねません。

 

あるいはまた、密夫を痛い目に遭わせたいと激怒する方もいるのは当然の成り行きですが、間男に対して危害を与えると自分が捕らわれ者となってしまいます。

 

仮に肉体的制裁をしなかったとしても、激しく叫んで叱責してしまったら脅迫罪で訴えられるケースも多いです。

 

自分自身で制裁措置を加えようとすると、まったくみすぼらしい結果になってしまう人が大部分である。


ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi ポケット wifi